通販サイトなどを運営するのであれば、訪問者を資料の請求や購買につなげるためのランディングページを高品質にする必要があります。ここでの品質の高さとは、訪問者が何かしらのアクセスを起こせるように工夫されたコンテンツのことを意味します。サイトへの訪問者は、何かしらの検察ワードによってアクセスしてくるものですが、そこで必要とする情報があると考えられます。そして自分のサイトでその情報を提供することができれば、訪問者はさらに多くの情報を得ようとサイトに長く留まることになります。そこで訪問者が抱える悩みや問題を、サイトで提供している商品やサービスで解決できることを提示できれば、訪問者は興味を示すことになります。

つまりサイトで提供する商品などの存在を知らないか、あるいは興味を持っていなかった訪問者に関心を持たせることで、潜在需要を掘り起こすことになるわけです。その上でランディングページへと誘導することができれば、そこで購買につながる何かしらのアクションを起こすようになるわけです。つまりランディングページの品質の高さは、その前の段階のコンテンツにも左右されることになります。けれどもそこまで計算してコンテンツやランディングページを製作できるライターは、それほど多くはいないものです。通常のライターは、求められるテーマに沿ったコンテンツを作ることはできますが、ランディングページまで意識することは少ないからです。そこでサイト運営のためには、高品質なHPとライティング代行を行える業者に頼む必要があります。

一般的にサイトの構築を請け負うデザイン会社は、ランディングページまでを手がけることは少ないものです。いかに訪問者に有益な情報を提供するか、サイトのデザインにはこだわります。けれども内部リンクを工夫したり、ランディングページをどのように製作すれば良いのかを把握することは少ないというわけです。ランディングページのポイントとしては、そこから新たな情報を提供するようなコンテンツへはリンクを張らないということが挙げられます。つまりその前の段階で、訪問者が抱える疑問は全て解決していなければならないということになります。大切なことは情報提供ではなく、商品やサービスの特徴や利点のみを提供し、資料の請求や購入のボタンのみを配するということです。それを踏まえた上でコンテンツを作ることができる専門業者に頼むことが必要と言えます。