新聞などの折り込み広告はその鮮度が大事になります。折込広告を利用する人は多く、毎日それを楽しみに一枚一枚目を通す人もたくさんいます。折り込み広告のインパクトはアピールポイントがすぐに目に入ってくることです。業種はいろいろありますが一枚の広告での売込みのポイントとパターンはほぼ決まっています。目玉商品や売り込み先のターゲットを絞りこみ、買い手の興味と購買意欲を掻き立てます。おおむねそれは的中してスーパーに行列ができたり、イベント会場はたくさんの来場者で盛り上がります。折り込み広告の狙いはたくさんの読者に目に触れ、来場者や利用者を増やし、販売や契約につなげることができるかが重要なポイントになります。いかに人目に触れるようにするかは販売部数の多い大手新聞社を選び、広いエリアの購買層をターゲットにし、人目を惹くデザイン性の高い広告を配布します。

優れたランディングページは閲覧者の興味を掻き立てる魅力的なタイトルが並びます。多くの場合セールのチラシやフライヤーのように、サービス内容や金額がズバリ表示されていれば、大方の閲覧者は候補としてそのページをマークします。ページの内容に納得がいけばすぐに購入につながりますし、迷いがあってもメールマガジンの登録や資料請求などの見込み客になる可能性も高くなります。重要なことは途中で離脱したり直帰につながらないページ作りです。ランディングページの核は、チラシのように売り込みたいことやいちばんアピールしたいポイントを表現することです。わかりやすければ判断材料になりますし、わかりにくいものはその選択肢にも入りません。離脱率が少なくなれば記事を読まれる確率もまた上がり、それが成約率にもつながっていきます。

ランディングページを作成するとき、チラシの作成を参考にするなら、見た目のインパクトやキャッチコピーや説明文の表現、タイトルや見出しのわかりやすさ、フォントの大きさや選び方などのセンスも重要になってきます。詳しい説明も大事ですが、あまりにも混み入り過ぎたり文字が小さかたりすると、読むのに疲れて途中で離脱される可能性もあります。重要な部分はタイトルで簡潔に表現し、読みやすい文章で要点を短く説明します。最終的には成約につながらなければならないので、ゴールである最終表現、クロージングのポイントも考える必要があります。閲覧者は常に他との比較を怠りません。比較される前に競合する他社や商品との比較の中で、自社のサービスや商品の強みを表現できることが大切です。