インターネット上には様々なページが公開されています。これらのページはすべてウェブサイトですが、一般的なサイトのページとランディングページはしばしば違う意味合いで比較されることが多々あります。ページ閲覧者が商品を購入したり、サービスを契約してもらったりするためには、この違いについて理解を深めておかなければ失敗します。

まず、サイトと呼ばれるページの存在です。一般的にたくさんのページで成り立っているものが大半です。トップページが用意されており、そこからリンクが多数はられて、サイト内の各ページで個別のより詳しい情報を紹介します。本を例にすると、カタログのような構成です。数ページのものから数百、数千ページをサイト内に持っているものなどが世の中にあります。企業のコーポレートサイトや情報を集めたポータルサイト、日々の記録を書き溜めたブログなどもサイトの仲間です。トップページやサイトマップのページが見出しや目次的な役割を持っています。

各ページに閲覧者が移動しやすいように、使いやすいデザインや文字の大きさに統一されているものが目立ちます。デザインがページごとに違ってしまうと統一感がなくなり、閲覧者が今どこにいるのか混乱することがあるためです。一方のランディングページですが、1ページのみで完結するものが大半です。縦方向に長いページ構成になっており、その中に商品のメリットや販売価格などを紹介して、閲覧者に下方向へとスクロールしてもらうのが目的です。

他のページに離脱されるのを避けるための対応です。この部分がページをたくさん移動してもらいたいサイトとの大きな違いです。ページを離脱するなら、商品の申し込みボタンをクリックしたときくらいです。1ページのインパクトを強くするために、目立つキャッチコピーや大きな文字のデザイン、価格を色付きで目立たせたり、画像をたくさん表示させるなどのテクニックが、ランディングページには詰まっています。

インパクトの強いランディングページに仕上げるには、普通のサイトを作る間隔では成約に結びつきません。この辺の違いをよく理解しているのが、ランディングページ制作を提供する業者です。高品質なHPと初期費用の安さを両立している業者を探すことで、費用を節約しながら商品やサービスの売上を伸ばせます。大手企業の業者よりもベンチャー企業タイプの業者のほうが初期費用などのコストが安い傾向がありますが、相場より安すぎると品質が下がる危険があるため、注意が必要です。