ランディングページとは、リスティング広告を含んだいろいろな広告またはリンクからの飛んだ先のページの事を言います。普通に検索したときはほとんどが公式サイトに行くと思いますが、広告からの飛び先はほとんどがこのランディングページとなっているのではないでしょうか。
単にホームページを作っただけでは顧客は望めません。売上を上げるためには工夫が必要です。そこで、特定のニーズをもっているユーザにもっともふさわしい接客を行わなければなりません。実店舗と同じようにしないとお客は来ないのです。ネットでもその工夫が必要で、これをネット上で補うことをランディングページといいます。

ランディングページ云々よりも、やたらとサイトのページ数に固執する人がいますが、ページ数を増やしてみても対してお客が増えるというわけではありません。闇雲にページ数を増やすのではなく、ランディングページを作る理由はきちんとあるのです。この点につきましては例をあげて具体的に見ていきますが、ポイントとしては、まず特定のユーザに伝わり易いと言う事、ページを探したり、あちこちへとサーフィンしなくて良いと言う事、さらにはなんといっても費用が安くすむということです。

ランディングページを作る理由として治療院を例にとって考えてみます。
特定のユーザーに伝わり易いという点を考えてみますと、患者さんやこれから通ってみたいと思っている人です。自分にあっているのか銅かをまずはチェックするはずです。治療院ではそういうユーザーのニーズをうまく取り入れてくれます。また、治療院では結果が出るHPと作成代行をしてくれるのも嬉しい点です。ページもおおければ大変ですし、いろいろなところに写るのも頻繁なら疲れてしまいますから、そういった対策も万全です。

また、ライディングページのほうが確実ですし、費用の面から考えても、安く出来上がります。それぞれお客様には目的があるはずです。「とにかく簡単なものでもいいから早く公開したい」と思ってる人や「自分がやっている地域でナンバーワンを目指してそういったホームページを作りたい」という人もいるでしょう。まずここでは整体などと同じで、ここまで足を運んでいただき、しっかりと体をほぐしていただくという目的で作られたのが治療院で、そういったホームページを制作しています。集客や運用など数々の実績と信頼がありますので、お客様のニーズにしっかりと応えてくれるところだと考えます。