ランディングページを作るにあたって、どれぐらいの長さにすれば良いのかと悩む方が多いようです。
一般的に、高品質なランディングページは成果を上げる為の情報を十分に含んでいながらも、シンプルにまとめられていると言われています。

だからといって、短ければ短いほど良いというものではなく、一見長すぎと感じるかもしれない長さの方が、成果が上がる商品やサービスもあります。
そこで、長さによるメリットとデメリットを把握した上で、商品やサービスにどちらが適しているのかを判断して、作成する事をオススメします。

短いランディングページの場合、成果が上がりやすいとされています。
また、文章もコンパクトにまとめる為、読みやすく伝わりやすいというメリットに繋がります。
その一方で、短さを意識するあまり、必要な情報をしっかりと伝える事が出来ないというデメリットが出て来ます。

商品やサービスを購入する場合、疑問点がある状態では、購入しにくくなるのが一般的です。
その為、ユーザーに本当に伝えたい情報を、短いランディングページでは伝えきれない可能性があります。

長いランディングページの場合、成果が上がりにくいとされています。
しかし、全体の長さの1/3あたりに、商品やサービスの購入ボタンを置く事で、成果を上げる事が出来るようになります。
その為、ユーザーが長すぎると感じる前に、商品やサービスの購入ボタンを置く事で、離脱を防ぐ事が出来るとあって、このデメリットは十分改善出来ると言えるでしょう。

さらに、長いランディングページを作成するとなると、それなりのスキルが必要になります。
特に求められるスキルが、セールスライティングのスキルです。
セールスライティングのスキルがない場合、ユーザーの離脱率が高くなってしまうので、注意が必要です。

ただ、長ければ長いほど、商品やサービスの特徴をしっかりと伝える事が出来るというメリットにも繋がります。
多くの情報を届けられるとあって、疑問を感じた状態で商品やサービスを購入するという事にはなりません。
その為、ユーザーが安心して商品やサービスを購入しやすい環境を整える事が出来ると言えるでしょう。

そこでまずは、長さを気にする事なくランディングページを制作してみましょう。
そしてユーザーの反応を見て、短すぎると感じたら長く、長すぎると感じたら短く修正していくようにしましょう。
こうして修正を繰り返していくうちに、より高品質なランディングページに仕上がるでしょう。