初心者向けのランディングページの作り方として、まず押さえておくべきポイントがリスティング広告との整合性です。
ランディングページにアクセスしてくるユーザーのほとんどが、リスティング広告からと言えるでしょう。

その為、リスティング広告との整合性が取れていなかった場合、ユーザーは間違ったページにアクセスしてしまったという気分になります。
そうなると、当然ユーザーはこのページから自分の欲しい情報は得られないと、離れてしまいます。

そこで、ユーザーが欲しい情報が掲載されているページにアクセス出来たと思えるような、リスティング広告と整合性の取れたランディングページを作る事が、重要です。

続いて押さえておくべきポイントは、ファーストビューの作り方です。
ファーストビューとは、ユーザーがランディングページにアクセスした際に、最初に目に入る部分の事です。

このファーストビューには、メインビジュアル、キャッチコピー、権威付けの3つを盛り込みましょう。
メインビジュアルはファーストビューの中でも、ユーザーの目に1番に入る部分となるので、写真を用いるのがオススメです。

キャッチコピーは短く簡潔に内容を表しつつ、ユーザーの興味を引く言葉を大きく表示するようにしましょう。
権威付けでは知名度の高いロゴを掲載する、もしくは具体的な数値を掲載する事で権威を示すようにしましょう。

また、実際に商品やサービスを利用した方の口コミを掲載するのも、初心者向けのランディングページの作り方で押さえておくべきポイントです。
口コミのような第三者の声は、商品やサービスの申し込みを悩んでいるユーザーの背中を押す効果が期待出来ます。

しかし、ただ口コミを掲載すればそれで良いというものではありません。
そこで、商品やサービスを利用した方の顔写真、名前、年齢などを、口コミと一緒に掲載する事で、より信憑性を高くするのが重要です。
さらに、口コミの中で特に印象的な言葉を大きく表示し、見出しとして活用しましょう。

ただ、顔写真、名前、年齢といった個人情報は掲載しにくいといった声も少なくありません。
そんな時には、顔写真の代わりにイメージ画像、名前の代わりにイニシャル、ニックネーム、年齢は年代だけを記載するといった一工夫で、リアリティのある作りにこだわるのが重要です。
こうした作り方のポイントを押さえれば、初心者でも高品質なランディングページを作る事は不可能ではありません。