ランディングページとは、webマーケティングなどで用いられるページのことで、自分のサイトに流入してきた顧客に対して商品の購入や会員登録を促すための1枚完結型ウェブページです。ターゲットユーザのポイントをしっかり押さえて適切なランディングページを作成すれば、webマーケティングの成果も随分と変わってきますし、ビジネスの幅は大きく広がります。

外注依頼することもできますが、多額な費用がかかる上に、修正することができません。キャッチコピーやヘッダー画像を変更するだけでも、顧客の反応はかなり変わってくるため、自身で作成し修正していくことは大きなメリットになります。

実際にランディングページの制作ソフトを選ぶ際にいくつか注意するべき点があります。例えば美容室や結婚式場の集客を募るためのページを作成するためには、全体的に清潔感や華やかさが必要になります。業種によって出来上がりのイメージが様々なので、それに対応できるソフトを選ばなくてはいけません。また現在ネットからのアクセスは、スマートフォンやパソコンやタブレットと多様で、それぞれの画面表示に合わせる必要があります。

希にパソコンでは閲覧できるがスマートフォンでは文字が小さくて見えづらいということがありますが、これでは満足のいく集客効果は得られません。そのためしっかりレスポンシブ対応のできる制作ソフトを選ぶことが大切です。HTMLやCSSの知識がない方は作り方が複雑化してくるためワードプレス設置型作成ソフトを選ぶのが一番効果的です。ブログ感覚で簡単に作成でき、何度でも修正を加えることができる上、サーバーにアップロードするという労力もかかりません。

どんなにデザインが綺麗でも、何が伝えたいのかわからないランディングベージを作ってしまっては意味がありません。作り方にもいくつか大切な事があり、まずはキャッチコピーにターゲットのニーズの核をつく文章を入れることです。ファーストビューが重要で、ページを訪れて初めて目に付く文章で、顧客の心をつかむことのできる文章が理想です。またリスティング広告などから飛んできたユーザは、広告と整合性の取れた内容でないと結果的にページから離れていくので、集客源の情報としっかり照らし合わせておく必要があります。

webマーケティングにおいて大きな手助けとなるホームページの実績は認めざるを得ません。自身での制作が可能になることは大きな強みであることは間違いありません。