通販サイトなどを運営するにあたり、販売につなげるためのランディングページを導入する会社は、その直帰率を気にするようになります。直帰率とは、サイトを訪れてからランディングページへと移動し、何もアクションを起こさずにサイトから離れる割合を意味します。運営者としては、せっかく集客できたのに売り上げにつながらないと不満を持つことになります。けれどもランディングの性質を考えると、この直帰率が高いのは当たり前のことと考えられます。

そこから他のページへとリンクすることがないので、何かしらの情報を求める訪問者にとっては物足りなさを感じてしまうというわけです。つまり何もアクションを起こさずにサイトから離れる人は、その前の段階で十分な情報を得られていないと判断できます。ランディングページは最終的に資料の請求や商品の購入などを行うページです。そこで何かしらの判断を委ねられるので、提供される商品やサービスに関する情報は十分に得ておかなければなりません。

そこで利用したいのが、今話題のホームページと制作会社の委託業務です。これはサイト全体の再構築を含めてコンテンツの制作を行い、売り上げを増加することを目的として活動する業者です。豊富な経験によりサイトへのアクセスから最終ページに至る段階で、まず訪問者の疑問や問題を的確に解決できるコンテンツを用意します。その上でサイトで提供する商品やサービスの魅力を伝えて興味を持たせるようにします。すると今度はその商品やサービスに関する情報を欲しいと思うようになるわけです。

後はそのメリットとデメリットを提示し、その上でどれほどのメリットが得られるのかを納得してもらうようなコンテンツを制作することになります。ここまでの手間をかけることによって、ランディングページは効果的に売り上げを増やす存在となるわけです。高品質なランディングページとは、このように前の段階でいかに良質なコンテンツを提供できるかによって成り立ちます。

また、いかに最終的なアクションを起こしてもらうかを工夫することも必要になります。ランディングページでは新たな情報の提示は厳禁です。さらなる疑問を抱かせることになりますし、その結果他のサイトへ移動して情報を探しに行ってしまうからです。かならず訪問者には商品やサービスのメリットとデメリットを十分に理解してもらった上で、ランディングページへと移動してもらえるようにすることが大切です。