ランディングページは、通販サイトで用いられます。特定の商品を売るために運用されるサイトで、誰しも一度は見たことがあるでしょう。健康食品や化粧品などを売る通販サイトに見られます。特徴は、視覚的な目立つ写真や文字を多用していて、1枚の縦に長いサイト構成であることです。また、リンクが貼られることはありません。これは、リンクがあれば通常はリンクのクリック率が低いため、取り逃がしてしまう可能背が高くなるためです。

1枚に収めるとすれば、それなりの長さになりますから、縦に長くなります。縦になっているのは、その方がスクロールをして読みやすくなるからでもあります。ランディングページでは大きな文字や写真などを多く多用しますから、長くても読むのには苦労しないように作られています。ただ、視覚的な情報のみだと信頼性はそこまで高くありませんから、それを裏付けるだけの証拠、データを適宜示していくのが基本です。

ランディングページは、扱うのが健康食品など、少し一般の人が胡散臭いと感じてしまう商品に用いられますから、それを払しょくしてあげる必要があります。そのためには、情報はしっかりと伝える必要があります。そのためには、裏付ける証拠は公的なデータや科学的なデータなど、出所がしっかりとしているものが望ましいです。

あとは、実際に購入した人の声を掲載するなど、情報に厚みを持たせるとより信用してもらいやすくなるでしょう。これらの点については、売りたい商品やサービスなどによっても異なる所です。

健康食品のホームページの広告運用をする場合には、自分で制作して運用する場合と、制作会社に作成を依頼するという方法があります。自分で製作をする場合は、外注する費用が掛からないのでコストをおさえることができるメリットがあります。ただし、ノウハウがなければ作るのは難しいので、なかなか効果的なランディングページを作ることはできません。

その点、外注は費用が掛かりますが、制作会社のこれまで蓄積してきたノウハウを生かしてもらうことができるため、効果を上げやすいというメリットがあります。どの程度広告宣伝にお金をかけるかどうかがかかわってきますから、これをどうするかはそれぞれ次第です。自分で制作をする場合でも、徐々にノウハウを蓄積していけば効果的なサイトにしていくことはできますから、長い目で見れば自分でノウハウを蓄積していくという方法もあります。